旅の終わり
旅の終わり

今回の旅は自分の弱い部分に焦点を置いた旅だった
今まであまり考えないようにしてた、所謂ネガティブな部分
決まってこのブログは、キマって書いていた事が多い
ブログはその時の心境を隠し事無く書いた
自分の弱い部分
他人から見た自分を想像している自分

所詮日本を抜け出すような甘い考えの俺
旅から得たものを生かすも生かさないも俺
何事も一人でやってのけたような顔して
偉そうな顔をして日本でインドを語る俺

今年はハンピで新しい年を向かえ
またしてもここ町田から新しい年を始める
スニーカーを革靴に
Tシャツをスーツに

信用などまったく出来ないインド人
住みたい等とまったく思わないインド
でも

インドにいるからには
インド人を頼り、助けを求め、インドの食事を食べ
インドの習慣に従っていたのも事実

短い間だったけど
俺を置いてくれたこのインドと言う国にまずは感謝



そして今回の旅は今までの旅とまったく違う
間違いなくこの人無しには語れない旅

今回ほとんど一緒に旅を続けてきた旅の道づれ
同じ物を違った角度で見続けてきたと思う
俺が感じた事と違った事を感じそれを共有してきた
俺は帰ってきてしまったけど、未だ歩き続けてるその人
いつか二人で、思い出として笑い合える頃にはまた
お互いがまた旅に出たいと思うんだろうな

文章では伝えつくせないが
一まとめにできる素晴らしい日本語

ありがとう

f0013867_23316100.jpg


Special Thanks To てらこ
[PR]
# by evilgenius61 | 2006-03-06 23:03 | 旅日記

~2006/03/04~
結局インド最終日も
また騙された

空港まで250ルピーのタクシー
その時点で相当高い(相場は180ルピー)
シタールもあるし、他の客も乗せないその値段でOKしたら
3人の乗り合いタクシーだった
相当文句言って睨みまくって怒鳴りまくったけど
飛行機の時間もあるし先に金払ってるみたいな
弱みに付け込む奴ら 最後までインドらしいって言えばそれまで

日本語を少し話せる外人が一生懸命日本語を話していたら
楽しく一緒に話せるのと同じように
インドでもヒンディー語を二言三言はなすと
インド人はうれしがって話してくれる
値段交渉でも、ヒンディー語を交えて話せば
交渉がスムーズに行く
この国を旅行するに当たって
現地の言葉を話せなくても、観光地を旅していれば
間違いなく英語で十分
でもやっぱり、現地の人間と現地の言葉で話すのが
一番楽しい それこそが旅と教えられたのは
3年前にベトナムで出会った関西の女の子
俺にとって、彼女の旅のスタイルは良き見本
ヒンディー語の本が読めるようになりたいとか
そういったレベルの話じゃなくって
観光客でもよく使う言葉「高い」とか「旨い」とか

また次に旅をするのならば
現地の言葉を使った旅をしたいな
絶対インド以外の国で
[PR]
# by evilgenius61 | 2006-03-06 23:02

~2006/03/03~
シタールは珍しい楽器なのか
かって日本に持ち帰る奴が珍しいのか
デリーに行く電車の中も、デリーのゲストハウスでも
なんどもシタールについて質問された

4000ルピーもするシタール
レストランで定食を食べると30ルピーくらいのこの国で
4000ルピーはホント大金に感じた
俺はもう、嬉しくてしょうがなくて
でも所詮インドはインド
シタールを持ってる奴=金持ってる奴
なのか、デリーもまた最悪なくらいインド人うざい

インドに着いてすぐは
「日本人?」なんて聞かれると毎回いちいち答えてあげていたが
毎回絶対シカト
だってうざいんだもん

目の前で「フレンド!どこにいくんだ?」とか聞かれると
うざくてしょうがない ってかいちいち癪に障るから
「お前俺の名前言ってみろよ、友達なんだろ?今すぐに言え!」
これ、かなりインド人に有効
相手がモゴモゴしだしたらすかさず
「お前俺の名前知らないんなら、友達じゃねーな」
と思いっきり手のひらで押してあげれば、その後そいつは間違いなく話しかけてきません
あと、「何見てる?」系のうざい質問には
「その質問は俺にとって重要な質問じゃない」
と言ってあげれば話しかけてきません

どれぐらいインド人がウザイかというと
5歩道を歩けば必ずだれかが「ジャパーン」と言ってくる
道を歩くと全然知らない奴らがいつの間にか後ろにずらずらと歩いてる
やたらタバコをよこせと言ってくる
常になんか人のものを欲しがる
ちょっと話してやると結局「金」と「セックス」の話しかしてこない
やたらなれなれしく、平気で人の手を思いっきり引っ張る
話の内容の75%が嘘
インド最悪 インド人マジうざい

でも
中にはホントにイイ奴や
自分を犠牲にして俺のためにがんばってくれる奴
深夜に家に無償で泊めてくれる奴
いるんだよ
そういう人に出会うと、インド人をウザイと思ってる自分がウザイ
凄く情けなくなる

目だけじゃ判断できないな、まだ俺は
[PR]
# by evilgenius61 | 2006-03-06 23:01 | 旅日記

~2006/03/01~
やっと少しよくなってきた
下痢も治ってきたし、熱も下がってきた
ネガティブな要素満載だった一週間
ずっと楽しみにしてたインドの楽器を弾くチャンスを
やっとこの手につかむ時が来た

「アイアム シタール せんせい」
バラナシでシタールを少し習おうと決めた時
この言葉で先生を決めた
75歳のインド人
結構有名な先生らしく、相当な数の国でシタールの公演を
やってきた先生


シタールは、ギターが少しでも弾ければ簡単に入り込みやすい
指に鉄の指サックみたいなのをつけて、鉄の弦を弾く
単音が基本らしく、コードも使わないようだ

この先生、ほんとに人をその気にさせるのがやたらうまくて
先生の言ったとおりに弾けば
「Good Boy!」って褒めてくれる
先生に褒められるのが嬉しくて
指が痛いのも忘れて、ただただ褒められたいが為に頑張ってしまう

先生の話はシタールの話だけじゃなくて
インドがイギリス領だったときの話や
ガンジーの話、フランスの競馬の話、イタリア料理の話
なんでも物凄い面白い

ガイドブックや海外の本にも先生は多く登場している
こんな素晴らしい先生に師事出来て、本当に嬉しい
ただ、多少金にがめつい所もインド人って感じ

f0013867_22583090.jpg

[PR]
# by evilgenius61 | 2006-03-06 23:00 | 旅日記

~2006/02/28~
結局バラナシで決断した答え
それは「帰国」だった
体調を崩し、インドからの問いかけに


ガンジス川の流れる音
自転車が2台行き違える事もできない小さな路地の群れ
どこからとも無く聞こえるインド古典楽器の音色


落ち着くことなく胃がゴロゴロと音を出す
夜になるとわき腹が渋る
一番期待していなかったこのバラナシに結果として
一番長く滞在してしまった


このシーズンは日本人が多すぎる
インドに来てから2ヶ月くらいは
ほとんど日本人には会わなかったし見かけなかった
でもここじゃアメリカ人ににも
「なぜココだけアジア人が多いの?」
と聞かれるくらい多すぎる
日本人、韓国人目当てのレストランもホント多い
これまでじゃ考えられない


でも
ここには病気を治す以外に滞在する目的を見つけてしまった

シタール
インドの楽器
[PR]
# by evilgenius61 | 2006-03-06 22:56 | 旅日記

オリオン座
ジョイントと二人、テラスから星を眺めてた
オリオン座の星の数が、日本で見るそれよりも多かった
ひしめき合う、路地を抜けた先にある宿
俺から見て斜め左の向こう側から
インドの言葉かすらもわからない、大音量の演説が聞こえる
目の前からは、インドの歌謡曲 右斜め後ろからは時折鐘の音が聞こえる
さっき見下ろしたら白と黒の斑の牛が、ゴミ捨て場のゴミを漁ってた
バラナシは眠らない街だ 騒音と喧騒と 
小道を歩けば、三歩ごとに別のプッシャーが商売に精を出す
星達が今日のエンディングに登場し始めると
さっきまで沢山いた不法侵入常習犯のサルたちは姿をくらます
ジョイントは、「風が当たると体が削れる」と怒って俺に火花を投げた
発熱でダウンして、引き篭もりの俺はまだ この街何も知らない
知ってるのは、夜の騒音と停電の時間帯だけ 
花火は、俺がテラスに姿を現すと声を上げて咲き始めた
俺はまだまだ青い この時期熟しちゃもったいねぇ
追熟するにもまだ早い 用意された道にアスファルトを塗った奴らに申し訳ない
だから今日は、もう一本必要だな


f0013867_19511365.jpg

[PR]
# by evilgenius61 | 2006-02-26 19:51 | Lyric

~2006/02/25~
夜りんごを齧りながら、俺にはトラネキサム酸が必要だなと
思った 食欲が無いからフルーツばっかり食ってる
最近食べ物の事ばかりだな 日本食っぽいものを出してくれる店は
ここバラナシには沢山あるんだけど、どこもまずい。
レストランとか宿とかには情報ノートなるものがあって
いろんな国の旅行者が、インドについての情報を書き記してる自由帳
「どこそこのレストランのなにそれが絶品!」とか書いてあるけど
日本に帰ってまた食べたいと思う味なんてひとつもない
で、読んでるとよく見かけるムカつく文
「大阪の道頓堀近くのなんとかっていうお好み焼きが最高です」とか
なぜ なぜ、日本の情報をインドの情報ノートに書くんだよ
意味がわからない
タイで缶の緑茶を買うと蜂蜜が入ってるくらい意味がわからない
お前らはそんな事を書くためにココに着たのか?
お前の情報を見て喜ぶ人間がいるとでも思ってるのか?
インド人の男前に群がる、牛の糞に群がるハエのようなガキが
自分の理想を外国人にぶつけて幻滅したと泣くな



一服してボーっとしてると、自分でパスタを作ってる事を想像してた
トマト5ミリ角ジャガイモは2センチ角の角切りにして、ジャガイモだけ塩茹で
バターを溶かしたソテーパンでスモークサーモンを軽くソテーして
ブランデーでフランベ 生クリームを煮詰めて 
茹で上がった、ほうれん草を練りこんだリングイネを
ソースとじゃがいもと絡めてグラナで味付け
コンカッセのトマトを散らせて、黒故障を挽く
ルッコラ乗せるのもいいねぇ


やっべー
うまそー
インドにいるのが辛い
[PR]
# by evilgenius61 | 2006-02-26 19:49 | 旅日記

dear
高校生からの友達6人でブログを書いてる
っていっても、申し訳ない 俺は全然参加できてない
この間、久しぶりに更新してみた
6人の内、中学生の頃からの友達がいる
彼からのコメントは、今の俺の状況をわかってくれているんだな
って思って、嬉しかった ありがとう
もう17年?18年?
思えば相当長い付き合い お互いずいぶんと変わったなと
色々な事に相当詳しくて、正義感が強くて でもお馬鹿なところが
かわいらしくて それでいて凄い気を使う
初めてあった時から、俺のランキング常に1位のお洒落野郎

俺、高校の時があまりにも面白かったから
中学の時の事、あんま覚えてないんだよね
でもおばさんが朝飯にミスド買って来てくれたり
白楽のとんこつラーメン、ラピッシュ
砂山の上に陣取る大将を一緒に見た事も
皆は話しだけしか知らない、俺らだけの思い出


ビール腹になっちゃったし
いまや、おとうさんだ 
確かにちょくちょく連絡を取る仲じゃないし
今まで何人の女とやったかなんて、まったく知らない
同じように、俺も相当変わったと思う
もちろん初めて会った時は、タバコなんて吸ってなかったもんね
多分これからも変わらない、俺の一番彼の好きなところは
その優しい顔で顔にしわを寄せて、ニコッっと笑うその笑顔








あー、ゴメン
ロンゲだったときは、お洒落とか思ってなかった
ゴメン
嫌がらせかと思った
[PR]
# by evilgenius61 | 2006-02-26 19:48 | Lyric

~2006/02/24~
まずは図1を参照して欲しい

(図1)
f0013867_19462178.jpg

インドに来てから再三体調を崩している。
ここ、バラナシについてからも同じ事。
間違いなく2度とインドには来ないでしょう。

次に写真1を参照して欲しい

(写真1)
f0013867_19471076.jpg

町の小さな診療所で戴いたインドの薬。
色が凄い、でかいし飲みづらいが
効き目が物凄い。39度の熱が2時間後には36度に下がってる。
残念な事に色が南米に生息する虫みたいで嫌だ。

バラナシでは、プリーで分かれた旅の道ずれにしてインドの達人
てらこと合流する約束だったが、列車の到着時間が遅かったため
一泊だけ他の宿に泊まり後日合流する事にした。
一泊だけ泊まった宿は「サンライズゲストハウス」っていう宿
ちょっと小汚いけど、レストランも併設されてて
何よりマスターがインド一大好きな人間。
彼の口癖は
「Your problem is my problem」
一泊しかしなくて、尚且つチェックアウトまでした俺を病院に連れて行ってくれて
親身になって何事にも相談に乗ってくれる。

残念ながら俺が今泊まってるゲストハウスのほうが綺麗で清潔で
冷蔵庫まで使わせてくれてテラスまであるから、サンライズゲストハウスに戻る事は
ないんだけど、バラナシにいる間また遊びに行きたい。
昨日も遊びに行ったけど。

バラナシに到着して5日目。
まったく観光などせず、薬を飲んでベッドでうなる毎日。
情けない。
[PR]
# by evilgenius61 | 2006-02-26 19:47 | 旅日記

~2006/02/22~
父方の祖父、おじいちゃん
俺が小学6年生の時に他界してしまった
最後に俺がおじいちゃんに会ったとき
おじいちゃんは病院のベッドに縛り付けられて
ガリガリにやせ細っていた
ボケてしまって、俺が誰かすらもわからない
人間の声とは思えないような声でうなって

大好きなおじいちゃん、もちろん今でも
江戸っ子のおじいちゃんは、俺と弟 平等に優しかった
ハンチングを被ってコーデュロイのジャケットをよく着てた
おじいちゃんには飛車・角・金・銀・桂馬・香車抜きでも
一回も勝てなかった、でも何回もわざと負けてわざと悔しがってくれた
おじいちゃんはよく俺ら兄弟の鼻の頭を触って
「鼻の脂をちょっとつけて♪」
なんていいながら、トランプの縁起を担いでくれた
俺と弟はそれが大好きで、こぞって身を乗り出して
「おじいちゃん、鼻の脂触って!」なんて言ってたっけ

駄洒落が好きだったおじいちゃん
あんぱんの事を「オストアンデル(押すとアン出る)」
ご飯を食べ終わると「あー馬勝った、牛負けた(旨かった)」
なんて言って、まだ小学生の俺らに解説までしてくれた
ウイスキーとシンセイっていうタバコが大好きで
寝る前には入れ歯をコップの中に入れてた

それは突然やってきた
おじいちゃんがボケて入院したから、お見舞いに行こう
母親と弟と病院に行った、そこには俺が知ってるおじいちゃんはいなかった
俺は変わり果てたおじいちゃんを見て、涙で前が見えなくなった
従兄弟や叔父さん叔母さん達は、病院の待合室にいた
遅れてやってきた父親は母親と叔父さん叔母さんたちとなんか話してた
この世界で一番辛い光景を目の前に、泣いているのは俺だけだった
俺はこの悲しいと思う感情をもってない大人たちを心底憎んだ
大好きなおじいちゃんが変わり果てた姿になってもなんとも思わない酷い奴ら
そして数日後、おじいちゃんは呼吸をする事もやめた






おじいちゃん、
俺、今インドにいるんだ
少しだけど英語も喋れるようになったんだよ
何度も体調崩してるけど、元気にやってるよ
おじいちゃんのお葬式の時に、「おじいちゃんは死んでなんていない」
なんて言ってゴメンね
おじいちゃんにもう会えないなんて、どうしても認められなかったんだ
ホントは今だって認めたくない、今すぐにでも会いたい
俺の話を聞いて欲しい、もっともっと駄洒落を将棋を教えて欲しい
俺だけが辛いなんて大間違いだったね、今ならわかるよ
だって一番辛いのはおじいちゃんだったんでしょ?
俺もおじいちゃんのようなおじいちゃんになるんだ
こうやって思い出して、切なくて悲しいけど暖かい気分をくれる



河辺に火葬場のあるここ、バラナシ
昨夜遠くから人が焼かれる炎を見た
なぜか久しぶりにおじいちゃんの事を思い出した
帰り道、生んですぐの子犬を舐める母犬と目が合った、バラナシ
最近涙もろい、ここ何日か特に
[PR]
# by evilgenius61 | 2006-02-26 19:45 | 旅日記


雑草blog@インド
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
webcam video..
by Video Chat at 09:23
nice site. f..
by Jordan at 02:22
nice site. f..
by Jordan at 01:47
nice site. f..
by Jordan at 01:36
nice site. f..
by Jordan at 01:29
芸能人のマル秘DVDなら..
by オシエモン at 03:15
そろそろ帰ってこいよ。
by 近藤勇 at 10:08
ロン毛には触れないのか・..
by 近藤勇 at 10:01
みなまで言われるとかなり..
by J at 13:49
なんか色だけ見ると毒みた..
by coo-nyan at 20:10